タヌキお寛ぎ~あかいタヌキの生活~

みどりじゃないよ。あかいタヌキの趣味ブログ。

【イベント主催のお知らせ】

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
日々、雑誌付録のレビューや、
食べ歩きや展示会などの情報を気ままに発信してきました。
こちらのブログには、あまり書いていませんでしたが、

一番の趣味は読書です。

 

同じように、読書好きな方を集まる機会が欲しいなと思い、

このたび読書会を主催することに致しました。

↓↓↓↓
◎ごきけんな読書会◎
http://gokigenna.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
週末の朝10時~スタート。
東京都の池袋駅周辺カフェで開催。
児童書・小説・ビジネス書などオールジャンルOK.。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
読書が趣味な方も、最近本を読んでいないな、という方も、
是非ご参加ください★☆★

 

 

 

【開店1時間で受付終了するフルーツサンド】JULES VERNE COFFEE (ジュールヴェルヌコーヒー)

JR阿佐ヶ谷駅高円寺駅のちょうど真ん中、どちらの駅からも徒歩10分はかかる。そんな立地条件が非常に悪いながらも、大人気のカフェがJULES VERNE COFFEE (ジュールヴェルヌコーヒー)です。

あかいタヌキが訪れた日も、開店して1時間後には当日分が受付終了。受付の最後のほうに滑り込んだので、季節のフルーツサンドは完売。苺のフツールサンド(あまおうサンド)に何とかありつけた次第です。

JULES VERNE COFFEE (ジュールヴェルヌコーヒー)フルーツサンド

普段は、圧倒的に紅茶を頼む派ですが、こちらのお店は雑誌・BRUTUSでコーヒーが美味しいお店として紹介されていたので、珍しくブレンドコーヒーを注文しました。酸味が無くて飲みやすかったです。

JULES VERNE COFFEE (ジュールヴェルヌコーヒー)フルーツサンド

フルーツサンドの断面がとにかく美しい。大粒のあまおうがゴロゴロ。苺好きにはたまりません。生クリーム×イチゴ×パンだけのシンプルなフルーツサンドも、たまにはいい◎2切れでは、物足りません。本当は、もう2切れ頼みたいのですが、それはNG。JULES VERNE COFFEE (ジュールヴェルヌコーヒー)では、一人一皿しかフルーツサンドを注文できません。また中学生以上は必ずワンドリンクオーダーという、決まりがあります。この辺は事前に把握してから行ったほうがいいと思います。

JULES VERNE COFFEE (ジュールヴェルヌコーヒー)
JULES VERNE COFFEE (ジュールヴェルヌコーヒー)

店内の席数が少ないのと、接客が一人だから、回転率はあまりよくありません。この季節、外で長時間並ぶのを避けたい方は、開店時間前に行くことをオススメします。

JULES VERNE COFFEE (ジュールヴェルヌコーヒー)

なお、フルーツサンドが完売してしまった後は、他のデザートの提供があるようです。開店後一時間でフルーツサンドの受付が終了するくらいの人気店。もう少し、フルーツサンドの仕入れを増やしてほしいと絶実に思いました!

まるで食品サンプルのような断面に心躍るフルーツサンドでした★☆★

↓東京都内のフルーツサンドお店情報↓

matome.naver.jp

【看板がいる高円寺のギャラリー】ぬく猫・さむ猫展 ギャラリー来舎

杉並区民の割に、滅多に降りないのが阿佐ヶ谷&高円寺エリアです。休日は中央線の快速が停車しないのが残念。

パステル画家・青野広夢さんのツイッターで知った、グループ展【ぬく猫・さむ猫展】。ギャラリー来舎はJR高円寺駅から歩いて3分位。商店街の中にあるギャラリーです。行ってから知ったのですが、こちらの商店街のアイドル的存在且つ、ギャラリー来舎の看板猫・ひらちゃんがいました。

ぬく猫・さむ猫展 ギャラリー来舎

人に慣れている割に愛想はふりまかない、マイペースな猫ちゃん。野良猫なのに、首輪をしています。母猫の世代から、高円寺駅前商店街で暮らしていたそうです。

昨年以来、青野広夢ご本人にもお目にかかることができました。青野さんも昨年から猫を飼い始めたようで、写真を見せていただきました。とても高級そうな雰囲気を纏った、毛足の長いお猫様でしたが、何と保護猫だそうです。

ぬく猫・さむ猫展 ギャラリー来舎
ぬく猫・さむ猫展 ギャラリー来舎

青野広夢さんの優しい雰囲気のパステル画は相変わらず素敵。

ぬく猫・さむ猫展 ギャラリー来舎

長靴を履いた猫のパステル画が、今回の一番のお気に入りで、ポストカードも購入しました。

ぬく猫・さむ猫展 ギャラリー来舎

グループ展なので、もちろん他のアーティストさんの作品も多数ありました。印象的だったのは、こちらの版画。闇鍋のようなトンでもない色のスープを作っている猫さん二人組。まるで児童書の一部のシーンを切り取ったかのよう。この独特の雰囲気にとても惹かれました。残念ながら、ポストカードなどの販売がありませんでした。

ぬく猫・さむ猫展 ギャラリー来舎

アート展めぐり好きとしては、また一つ、素敵なギャラリーを見つけて嬉しい限りです。

猫がいるギャラリーは、猫のアート展示会に最適★☆★

【経堂駅前商店街のフルーツサンド】フルーツパーラーICHIMAN (イチマン)

新宿駅から小田急線の急行に乗って数駅。ちょっと気になるフルーツパーラーがあって、はるばる経堂駅までやってきました。フルーツサンドの為にそこまで?と思うかもしれませんが、何といっても経堂駅から徒歩2分なので問題無し!(駅から遠いとモチベーション下がる…)

フルーツパーラーICHIMAN (イチマン)は、経堂駅前の商店街にある小さなフルーツパーラーです。イートインコーナーは、おそらくMAXで15人位のキャパです。見た目はフルーツパーラーよりも、町のケーキ屋さんといった雰囲気です。

とろが、ICHIMAN (イチマン)のフルーツサンドイッチ、とっても本格的なんです。

ICHIMAN (イチマン)フルーツサンド

ICHIMAN (イチマン)フルーツサンド

とっても彩り鮮やか!そして、お洒落な盛り付けのフルーツサンドイッチです。サンドされる果物は季節によって異なります。今回は定番のイチゴ、キウイ、バナナやオレンジなどで、物珍しいフルーツはありませんでした。が、こちらのフルーツサンドは生クリームだけれはなく、パンに何かのフルーツソースを塗っているようです。それがアクセントになって独自の風味を演出してくれます。果物それぞれも、甘み・酸味が楽しめて、これぞフルーツパーラーのフルーツサンド!

そして驚くのは紅茶とフルーツサンドのセットで、お会計が1,050円という驚異のコスパ

東京都内、しかも東京23区内のフルーツパーラーでこの金額は安すぎます!銀座だったら、これで2,000円くらいはかかります。期間限定のイチゴサンドも同じお値段なところも、驚きです。商店街の中にあるお店なだけに、客さんはファミリー層が多いように見えました。

フルーツパーラーICHIMAN (イチマン)

店内は白×黒が基調のシックな雰囲気。食器もお洒落◎

初めて経堂駅前の商店街を歩きました。ICHIMAN (イチマン)以外にも、お洒落な雰囲気の喫茶店がいくつかあり、興味惹かれます。

ICHIMAN (イチマン)

小田急線を利用する機会は滅多にありません。それでも、足を伸ばして訪れる価値は十分にある、フルーツパーラーICHIMAN (イチマン)のフルーツサンドでした。

値上げしてもいいから都心への出店希望★☆★

↓東京都内のフルーツサンドお店情報↓

matome.naver.jp

 

【午前中に完売するフルーツサンドイッチ】俺のBakery&Cafe 新宿京王モール

大江戸線新宿駅を最近よく利用する、あかいタヌキ。俺のBakery&Cafe 新宿京王モールの前を通るたびに、サンドイッチメニューのフルーツサンドに【完売】の札が付けられていました。そこまでされたら、食べたくなる!

ところが、休日の午後何度行っても完売。ついには、頑張って午前中に足を運んだところ、ついにGETすることができました。

俺のBakery&Cafeフルーツサンド

サンドイッチは全て箱に入っています。この箱とリッドの写真だと、新幹線の中で買うサンドイッチみたい。飲み物はHOTのアールグレイティー。紅茶パックを引き上げるお皿をセットしてくれるのが嬉しい◎

俺のBakery&Cafeフルーツサンド
俺のBakery&Cafeフルーツサンド

ボックスを開けると、大きなフルーツサンドが3切れ。気づかず注文していましたが、俺のBakery&Cafeのフルーツサンドはカスタードクリーム!生クリームとミックスはあっても、カスタードクリームのみは珍しい。そして、もうひとつ珍しい点は、レーズンがサンドされていたところです。しかも、開けた時は上のような状態なので、食べて初めてレーズンの存在に気付きビックリ!

厚切りフルーツサンドは嬉しいけれど、果物のカットも大きいので、ちょっと食べづらい。キレイに食べられる自信があるひと以外は、デートの時は頼まないほうが吉だと思います。

カスタードクリームがかなりモッタリしているので、レーズンは良いアクセントの役をかっていました。

先日紹介した、セントル ザ・ベーカリーもそうですが、フルーツサンドの次に気になるのは、厚焼きたまごサンドです。

俺のBakery&Cafeフルーツサンド

お目当てのサンドイッチがある方は、午前中に★☆★

↓東京都内のフルーツサンドお店情報↓

matome.naver.jp

大人のおしゃれ手帖 2019年3月号【付録】zucca ノート・ボールペン・ペンケース おしゃれステーショナリー

初めて雑誌大人のおしゃれ手帖を買いました。もちろん、付録目当てですが。zuccaのノート・ボールペン・ペンケース おしゃれステーショナリー3点セットという豪華付録。少し前のブログで、豪華な文房具の付録が欲しいとボヤいていたら、早々に実現されました。

大人のおしゃれ手帖 2019年3月号【付録】zucca ノート

まず3点セットのうちの、ノートの表紙が赤+金文字で素敵。あかいタヌキなだけに、赤い文房具が大好き。

大人のおしゃれ手帖 2019年3月号【付録】zucca ノート

中面は罫線も何にもなしの無地ノート。生成色の紙が赤い表紙に合って良い雰囲気。

大人のおしゃれ手帖 2019年3月号【付録】zucca ペンケース
大人のおしゃれ手帖 2019年3月号【付録】zucca ボールペン

zuccaのペンケース&ボールペン

ペンケースのゴールドが落ち着いた雰囲気で使いやすい。ケースとペンの仕切りを外すとペンケースとして使えます。

大人のおしゃれ手帖 2019年3月号【付録】zuccaペンケース

フリクションボールペンを入れてみました。フリクション2本+小さな消しゴム1個が収納の限界だと思います。小さなバッグでの外出の時に活躍しそう。

大人のおしゃれ手帖 2019年3月号【付録】zuccaボールペン

大人のおしゃれ手帖 2019年3月号【付録】zucca付録

付録のボールペンの書き心地も、市販品と変わらず。試し書きをしましたが問題なしです。

大人のおしゃれ手帖 2019年3月号【付録】zucca

大人のおしゃれ手帖のターゲット年齢ではありませんが、意外にも読んでいて楽しめました。可愛いなと思うレトロなデザインのワンピースが多くて、思わずブランド名をチェック!付録目当てで買っても、誌面で素敵なファッションを見つけるのも醍醐味のひとつです。

文房具の付録は大歓迎★☆★